ビジネス

面接は第一印象が大切

面接は第一印象が大切

(公開: 2014年3月26日 (水)

世間の話題を集めた「超氷河期」と一番最初に名付けられたジェネレーションで、マスコミが報道することや世間の雰囲気に押し流されるままに「仕事があるだけで掘り出し物だ」などと就業先をよく考えずに決断してしまった。
企業と言うものは1人の人間の都合よりも組織全体の都合を先にするため、たまさかにいやいやながらの配置異動があるものです。当たり前ですが当事者にしてみたら腹立たしいことでしょう。
いわゆる会社説明会から列席して筆記でのテストや度々の面接やコマを進めていきますが、その他夏休みを利用してのインターンシップやOBへの訪問やリクルーターとの懇談等の活動方法もあります。
仕事上のことを話す折りに、観念的に「どんなことを考えているか」だけでなく、他に具体的な例を折りこんで伝えるようにしてみたらいいと思います。
とても楽しんで仕事をしてほしい、少しずつでも手厚い対応を割り当ててやりたい、チャンスを発展させてあげたい、進歩させてあげたいと雇い主の方も感じてします。
「好きな仕事ならばいかに辛くても耐え忍ぶことができる」とか「自分を向上させるために好き好んで困難な仕事をすくい取る」という例、しきりと耳にするものです。
企業で体育会系の経験のある人がいいとされるのは敬語がしっかり話せるということなのです。いわゆる体育会系の部活では、常に先輩後輩といった上下関係がしっかりとしているため、否が応でも自然に敬語が身についているのだ。