古着をたくさん寄付してみた

今日、着なくなった服の寄付をしました。最近では、どんな服もいくばくかのお金になるというのをテレビで見ましたが、私の着なくなった服というのはブランドでもないので、数百円もらうよりも、不要な服が誰かの役に立つと思ったほうがずっと気持ちがよいと思ったので、寄付をしました。服を回収する方に、こんなに着古したのでもよいのかと、ちょっと、コンディションの悪い古着を見せたら、それでも、利用価値ががあるとのことでした。着られない服も布として、なにかに再利用できるんだそうです。こちらも、箪笥が片付いて、一石二鳥だなあと思い、気持ちよかったです。べるたこうそ 産後