既に販売している商品も登録をしてしまう

何かのきっかけがあって爆発的に人気となる商品はあると感じています。

あるキャラクターのおかげという場合もあるでしょうし、健康やダイエット関連番組などでその食材が使われた商品が注目されるということもあります。後者の場合、フードファディズムという現象ですが、その商品や食品が番組終了後、陳列棚からすべて消えてしまうということがあるのです。多くの方がこぞって買いに行かれるのですね。

今現在販売している商品にもそのように爆発的に売れる可能性があるかもしれません。それならば、商標登録を考えてください。相談なら、こちらの弁理士事務所でも行えます。メールで24時間受け付けていますので、気になった時に相談ができるのです。http://spring-pat.com/

既にある商品が食品や飲み物だったとしたら、材料についての知識はあることでしょう。消費者にとって良いものならば商品名を登録しておくに限ります。似たような商品名を他社に使われないようにするためです。

長い歴史がある商品でも他社からクレームが来ることもあるようですよ?先に作っていたのにです。でもそれは他社が似たような商品を作り似たような商品名で先に商標登録をしてしまうから、クレームを出してくることもあるのです。それを避けるためにも先に権利を守る必要があるのです。