在留資格をめぐる奮闘

在留資格は、外国人が持っているパスポートの中を見れば、以前は証印が貼ってあり判別できました。

在留資格認定証明書に課されていることは、我が国への入国の迅速化や効率性を求めたものが多いようです。この証明書は交付される形式であり、大臣の認定が必要になっているため、条件に適合していくように早いうちから準備していくことが重要にもなっていくのでしょう。

昨年の7月より在留許可の制度が変わり、在留カードに在留資格が記載されるようになりました。

グローバル化に伴い、我が国へ入国する人も増えてきました。さらに国際交流の場を活発にしていくためにも、今やるべきことがどういうことなのかをしっかりと見ていくようにしていくことが何より大切となっていくのです。

それから、こうした点をしっかりと踏まえるようにしていくことで、外国人における入国もより身近な存在になっていくものになっていくのではないでしょうか。

在留資格は現在、パスポートではなく、在留カードを見ないと判別できませんので要注意です。